ELECOA

Instructions of the SCORM 2004-compliant Moodle plugins in English.

ELECOAとは

ELECOAは、機能拡張性とコンテンツの流通再利用性を両立したeラーニングシステムのアーキテクチャです。 詳しくはこちらをご覧ください。

これまでに、SCORM 2004 3rd Editionのシーケンシング機能を持つ教材オブジェクト群を開発しました。 本サイトで公開しているソフトウェアは、これらを含んでいますので、SCORMパッケージを動作させることができます。 SCORM 2004 3rd Editionへの対応状況はこちらをご覧ください。

ELECOA関連ドキュメント

ソフトウェア

ELECOA Player

ELECOA Playerは、ELECOAパッケージとSCORMパッケージ(1.2と2004)を動作させることができるeラーニングシステムです。 SCORMパッケージをアップロードして動作させるために必要十分な機能を実装しています。 ELECOA Playerは、三条項BSDライセンスの元で公開しています。

YUI(Yahoo! User Interface Library)をCDNから読み込みます。 インターネットに接続されていない環境や、httpsスキームのサイトでは動作しません。

アップロードできるSCORMパッケージのサイズの上限は、www/contentpkguploader.php$MAXIMUM_FILESIZEで設定します。 PHPの設定(post_max_size, upload_max_filesize)も確認してください。

Experience APIを用いてクライアント・サーバ間通信を行うことができます。 詳しくはこちらをご覧ください。 ただし、現在のところ実験的な機能です。

PC単体動作版

Microsoft Web Platform Installerを使用して、ELECOA PlayerをローカルPCにインストールすることができます。 追加するフィードファイルのURLは、「http://elecoa.ouj.ac.jp/player/webpifeed.xml」です。 詳しくはこちらをご覧ください。

Webサーバ版

ELECOA PlayerのWebサーバ版は、PHPが動作するWebサーバにインストールして利用することができます。

ダウンロード: [tar+bzip2フォーマット] [ZIPフォーマット]

インストール方法は、以下の通りです。

  1. ダウンロードしたアーカイブファイルを展開し、Webサーバ上の適切なディレクトリに配置します。 このディレクトリをインストールディレクトリと呼びます。 インストールディレクトリは、Web公開領域である必要はありません。 以下のファイル名・ディレクトリ名は、いずれもインストールディレクトリからの相対パスです。
  2. wwwディレクトリを、Webから参照できるようにします。
  3. init_www.phpで定義(define)しているweb_base_pathの値を、wwwディレクトリ(ELECOA Playerのフロントページ)のURLのパスに書き換えます。 最後のスラッシュは不要です。 Webのルートディレクトリに配置した場合は、''(空文字列)となります。
  4. logディレクトリ、syslogディレクトリ、www/contentsディレクトリを、PHPスクリプトの実行(実効)ユーザから書き込み可能にします。

ELECOAパッケージは、展開した上で、www/contentsディレクトリへ配置します。 SCORMパッケージは、ログイン後の画面からアップロードします。 SCORMパッケージはコンバータを通す必要がありますので、直接配置しても動作しません。 www/contentsディレクトリには、ユーザとPHPスクリプトの両方からコンテンツを配置しますので、(Unix系OSの場合は)スティッキービットを立てるなど工夫してください。

オンラインデモ版

ELECOA Playerのオンラインデモ版では、SCORMパッケージのアップロード機能を除いて、ELECOA Playerを試用できます。 SCORM 2004 3rd Editionのテスト用コンテンツを動作させることができます。

Moodleプラグイン

Moodle 3.1以降でELECOAパッケージとSCORMパッケージ(1.2と2004)を動作させることができるプラグインです。 活動モジュールとブロック(成績表用)が含まれています。 Moodleプラグインは、GNU General Public Licenseのもとで公開しています。

ダウンロード: [tar+bzip2フォーマット] [ZIPフォーマット]

インストール方法は、以下の通りです。

  1. 配布物のディレクトリ構造を保ったまま、Moodleのインストールディレクトリに配置します。 つまり、blocks/elecoa_gradesblocksディレクトリの下に、mod/elecoamodディレクトリの下に配置します。
  2. Moodleに管理者としてログインすると、新規インストールするプラグインが検出されます。 Moodleの指示に従ってインストールを完了させます。

アンインストールの手順は、通常のプラグインと同様です。 活動モジュール(mod_elecoa)をアンインストールすると、活動のインスタンス(コース上に追加した活動)や学習履歴も削除されます。 旧バージョンのプラグインをアップデートする場合、通常はアンインストールせずに上書きインストールしてください。

バージョンについて

ELECOA Playerにはバージョン番号をつけていません。 便宜上、Moodleプラグインもリリース日で識別します。 現在の最新版は、ELECOA Playerは2015年6月23日版、Moodleプラグインは2017年4月18日版です。 更新履歴はこちらをご覧ください。

関連配布物

テスト用コンテンツ

ADLが配布しているSCORM 2004 3rd Edition LMS Test Packagesに含まれるパッケージを元にしたテスト用コンテンツです。 オリジナルのパッケージは、Conformance Test Suiteを使って自動的に実行されます。 ここで配布しているテスト用コンテンツは、手作業で実行できるように、ステップの説明を記載したインタフェースをつけています。 SCORM 2004の学習や、SCORM 2004対応LMSの動作確認などに利用できます。 いずれも、ELECOAとSCORM 2004のハイブリッドパッケージになっています。

これらのコンテンツは、再配布できません。

Moodleのコースエクスポートプラグイン

Moodleのコースを、パッケージとしてエクスポートできるブロックプラグインです。 異種規格のコンテンツ(活動・リソース)を組み合わせるために、ELECOAを利用しています。 詳細はこちらのサイトでご覧ください。

連絡先: